歯周病治療

歯周病にかかっている、もしくはそのリスクがある人は
日本人の約8割に上るといわれています。
歯周病は重症化すると歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気ですが、
ある程度進行するまでは自覚症状がほとんどありません。
気づいたときにはすでに重度まで進行しているケースも多いのです。
それだけではなく、歯周病は糖尿病や心疾患など全身的な疾病とも密接に関係しています。
ファミリー歯科クリニックでは、歯周病の治療にも力を入れております。

歯のクリーニング

スケーリング(歯石除去)

歯についた歯石やバイオフィル厶(細菌の塊)を「スケーラー」と呼ばれる
専用機器、器具を用いて除去することを『スケーリング(歯石除去)』と言います。
歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことは、
毎日の歯磨きでプラーク(歯垢)をしっかり取ることです。
しかし、毎日歯磨きをしていても、その人の磨きぐせなどが原因で磨き残しが出てきます。
すると、それが石灰化して歯石になり歯ブラシでは取れない上に、
ザラザラした歯石の上にはさらにプラークが付きやすく、
付いたプラークは落ちにくくなります。

スケーリング(歯石除去)することでプラークがつきにくい状態にし、
歯周病を予防し、口腔内を改善させます。

スケーリングの間隔は普通の人で3〜6ヶ月に1回位が目安です。
(ただしお口の中の状態によりスケーリングの間隔は変わります。)
また、スケーリングをすればそれでOKというわけではなく、
毎日のセルフケアも非常に大切です。

スケーリングとルートプレーニング

いわゆる「歯石取り」にあたる行為には歯科用語でいう「スケーリング」(scaling)と「ルートプレーニング」があります。
スケーリングが主に歯の表面の歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を除去する処置で、ルートプレーニング(root planing)は歯周ポケット内部の歯石や歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根(root)を硬く滑らかに(plane)する処置です。

スケーリングもルートプレーニングの一連の作業として行われるのでその後頭文字を取って SRP と略されます

目的

ルートプレーニングが必要になるのは主に、中等度の歯周病となります。中等度以上の歯周病では、歯肉の縁よりも下、つまり歯周ポケットの内部に歯石が付着していることが多くあります。
歯根面にプラークが付着すると細菌の内毒素がセメント質に浸透して「汚染セメント質」となります。
この汚染セメント質があると歯石を取っても歯肉が歯根の表面にくっつかず歯周ポケットが改善しにくくなります。ですから歯石を取り除いた後はルートプレーニングで歯根表面をつるつると滑らかな状態にして、皮肉の付着を促し歯垢がたまりにくい状態にするのです。

PMTC
(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

PMTCとは「プロフェッショナルティースクリーニング」の略で、
歯科衛生士がクリーニング専用機器・器具を用いて
虫歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)や、バイオフィルムを除去したり、
プラークが付きにくくするために歯の表面を滑らかに整える処置です。

自分で磨けていない所のプラークが除去されるのはもちろん、
歯ブラシでは落とせない汚れなどもキレイになるので、
予防歯科の観点とは別に見た目の改善としてもおすすめです。

歯周病にならない(悪化させない)為には?

歯周病は、歯を失う最大の原因とも言われており、
統計によると35歳では80%以上の人が罹患しています。

しかし、ある日突然歯周病になるわけではなく、実は10代から少しずつ進行し、
免疫値が低下するとともに病状が現れるのです。
歯周病の原因は、磨き残しによる清掃不良が一番の原因です。

「歯を失って初めて、大切さに気づいた...」と後悔しないよう、
歯が健康なうちから歯科医院での専門的なケアを受けましょう。

歯周病の症状・進行

  • 歯周病の進行01
  • 歯周病の進行02
  • 歯周病の進行03
  • 歯周病の進行04
  • 歯周病の進行05

クレジットカードのご利用が可能です
デンタルローンをはじめ各種電子決済に対応しております。詳しくは、スタッフに問い合わせください。